本文へジャンプ


 沿革
  
 北海道陶芸協会の歴史は、昭和47年8月下沢土泡(故)が主宰し北陶会を設立、
第1回北陶会会員展を開催したときに発し以来第13回展(昭和59年)の年に北海道
陶芸協会を設立し第14回展(昭和60年)より北海道陶芸展に改定し、公募展となる。

なお、協会設立の昭和59年には記念展として第1回公募展北海道高齢者陶芸展を
開催。昭和54年、札幌芸術の森・登り窯設営に参画して以来、毎年焼成事業を継続
し、現在の礎を造った。平成14年初代会長下沢土泡の没後北野真一が、平成18年に
藤井勇吉が、平成25年に奥岡茂雄が会長に就任し現在に至っている。


 目的
公募北海道陶芸展の開催や、登り窯事業などを通し北海道の陶芸の更なる
発展を目指して活動しております。


 主な事業内容

  協会事業
    1.公募展北海道陶芸展の開催(7月)
    2.公募展北海道シニア(11月)
    3.登り窯焼成事業(9月)
    4.会報紙の発行
    5.展示即売会及び一日教室等のイベント開催
    6.道内外陶芸家との交流事業

     公募展の内容、詳細はこちら

  北海道陶芸協会会員
    会員数 約700名
    随時 会員募集中です。

    ご希望の方はお問合せ下さい

    主な特典
    1.各事業への参加及び出展料等の割引
    2.陶芸用品の斡旋(定価の20%引き一部除外品あり)
    4.会報紙(年3回発行)の無料配布
    5.登り窯焼成の事業(焼成費割引)
    6.展示即売会等の参加)



創設者
下沢土泡氏の作品
「北海荒磯焼」


 北海道陶芸協会役員組織

顧 問

(順不同敬称略)
DCMホーマック株式会社 代表取締役社長執行役員 石黒 靖規
北海道火災共済協同組合 理事長 横濱 慶彦
   
社団法人 北海道美術館協力会 事務理事 常任顧問   藤井 勇吉
美術家 北海道・札幌文化団体協議会会長 阿部 典英
美術ジャーナリスト 五十嵐 恒
作家 神田日勝記念美術館名誉館長 小檜山 博
札幌芸術の森美術館館長 佐藤 友哉
 役員会組織
会    長 奥岡 茂雄
副 会 長 下沢 敏也
事務局長 松井 茂樹
 
審査員
美術家 阿部 典英
美術ジャーナリスト 五十嵐 恒
美術評論家 奥岡 茂雄
作家 小檜山 博
札幌芸術の森美術館館長 佐藤 友哉
陶芸家 下沢 敏也
陶芸家 中村 照子
一般社団法人 北海道美術館協力会専務理事 藤井 勇吉
陶芸家 南 正剛


Copyright(C) 2016 Hokkaido Tougei Kyoukai All rights reserved.